The Team | Australia - Japan Media Art Meeting 豪日メディアアートミーティング

豪日メディアアートミーティング

Australia - Japan Media Art Meeting

Artist

Mari Velonaki

マリ・ヴェロナキ
シドニー大学ソーシャルロボティクスセンター共同所長

メディアインスタレーションアーティスト。1995年からインタラクティブインスタレーションアートに取り組む。感覚的なインターフェースで、デジタルなロボットの「キャラクター」と鑑賞者との間に相互作用をもたらす作品を多く制作している。(speech 1995、touch 1997、breath 1998、electrostatic charge 2000、vision system 2000、light2003、robotics 2003-10、ほか。)作品の世界に没入させる革新的なロボットの創造でインタラクティブアートの世界に大きく貢献する。

Mari Velonaki is a media artist who has worked in the field of interactive installation art since 1995. Her practice engages the spectator/participant with digital and robotic ‘characters’ in interplays stimulated by sensory triggered interfaces (speech 1995, touch 1997, breath 1998, electrostatic charge 2000, vision system 2000, light 2003, robotics 2003-06). Her principal contribution to the field of interactive art occurs through the creation of innovative human-machine interfaces that promote intimate and immersive relationships between participants and interactive artworks.

http://mvstudio.org/
http://www.cas.edu.au/content.php/232.html?personid=108
http://www.csr.acfr.usyd.edu.au/people/MariVelonaki.htm
transparent.gif

Artist-Mari_Velonaki.jpg

Artist

Troy Innocent

トロイ・イノセント
モナッシュ大学マルチメディア・デジタルアート科教員

イノセントは、ワールドビルダー、イコノグラファー(図像家)として、仮想現実の世界に深く関わった活動をしている。彼は1989年以来、言語や進化する人工的な世界を創り出している。ISEA、ACM SIGRRAPH、アルス・エレクトロニカ、ACMI等において国際的なシンポジウムや展覧会に参加。最新作はColonyと題したメルボルンのドックランズに位置する都市環境芸術作品である。

Dr Troy Innocent is a world builder, iconographer and reality newbie. Since 1989, he has been constructing languages and evolving artificial worlds. He has received numerous awards, including Honorary Mention, LIFE 2.0: Artificial Life, Spain (1999); Foreign Title Award, MMCA Multimedia Grand Prix, Japan (1998); and Honorary Mention, Prix Ars Electronica (1992). Innocent is currently Senior Lecturer, Department of Multimedia & Digital Arts, Monash University, Melbourne.

http://www.iconica.org/main.htm
http://www.artdes.monash.edu.au/multimedia/staff/tinnocent.html
transparent.gif

Artist-Troy.jpg

Artist

Gregory More

グレッグ・モア
RMITロイヤルメルボルン工科大学空間情報建築研究室教員

ロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)Architecture+Designのシニア講師で、空間情報建築研究室(SIAL)の運営にあたっている。デジタル環境のデザインとコンサルタントを行うOOM CREATIVE社のディレクターでもある。そのデザインは、ニューヨーク近代美術館で展示され、OneDotZero、Resfest国際映画祭で選出された。また、国際的な建築デザインのビエンナーレや出版物でも紹介されている。近年はデザインと芸術的な目的のためのビデオゲームテクノロジーの研究開発と教育を行っている。

Greg More is a Lecturer of Architecture + Design at RMIT University, operating within RMIT's Spatial Information Architecture Laboratory (SIAL). More is interested in the synthetic spaces of contemporary culture where exchange between material and digital economies transform the relationship between the subject and architecture.
His design work has been exhibited at Museum of Modern Art New York, selected for OneDotZero and Resfest International film festivals, and featured in a range of international architecture and design biennale and publications in recent.

http://www.sial.rmit.edu.au/People/gmore.php
transparent.gif

Artist-Greg_More.jpg

Programme coordinator

Hisako Hara

原久子
大阪電気通信大学総合情報学研究科教授

アートプロデューサー、ライター、編集者、研究者として関西を拠点に、国内外で気鋭のアーティストたちの紹介やプロデュース、コンサルティングにつとめる。「AERA」「美術手帖」「ARTiT」他の新聞、雑誌、ウェブサイトにおいて美術・デザイン関連記事を執筆。「Off- Side」展(02年・graf media gm、横浜美術館アートギャラリー)「六本木クロッシング」展(04年・森美術館)、「Lab☆Motion」展(07年・トーキョーワンダーサイト本郷)、「都市のディオラマ Between Site & Space」(08年・トーキョーワンダーサイト渋谷、09 年ARTSPACEシドニー)などの企画運営の他、美術館等での講演会、シンポジウム、ワークショップの企画コーディネートなど幅広く創造環境のサポートを行なう。共編著『変貌する美術館』(昭和堂)他。大阪電気通信大学総合情報学部教授。

Hisako Hara is leading critic, curator and academic from Osaka, currently holding the position of Professor, Faculty of Information Science and Arts, Osaka Electro-Communication University
transparent.gif

Artist-HisakoHara.jpg

Programme coodinator

Alessio Cavallaro

アレッシオ・カヴァレロ
ACMI(オーストラリア動画センター)シニアキュレーター
Senior Curator of Australian Centre for the Moving Image
Federation Square, Melbourne

主に映画、ヴィデオ、メディア&サウンドアートに関して、オーストラリアのメディアアートの発展を支える立役者として知られる。メルボルンのACMI(オーストラリア動画センター Australian Centre for the Moving Image)のシニアプロデューサー/キュレーターとして2000年より活動。シドニーのdLux media artsを設立、92年ISEAの共同キュレーター、オーストラリアフィルムインスティテュートのマネージャー、企画者でもあった。オーストラリアカウンシルのメディアアート部門評議員。共編「Prefiguring Cyberculture: An Intellectual History」(MIT Press/Power Publications, 2002)ほか。

Alessio Cavallaro is Senior Producer/Curator, New Media Projects, Australian Centre for the Moving Image. A leading figure in the development of new media arts in Australia, he has been involved in interdisciplinary arts for over 25 years, primarily as a curator, producer and publications editor in film, video, digital media, radio and sound arts. He has been co-editor of OnScreen, the film and techno arts supplement of the national arts paper RealTime(1996-2000), and the international sound art journal Essays in Sound (1994-1998). He co-edited (with Darren Tofts and Annemarie Jonson) Prefiguring Cyberculture: An Intellectual History (MIT Press / Power Publications, 2002).

http://www.acmi.net.au
transparent.gif

Artist-Alessio_Cavallaro.jpg

Programme coordinator

Miki Fukuda

福田 幹
株式会社ゴーライトリー代表

1990年代初頭、NTTインターコミュニケーション・センター(電子図書館「20世紀マトリクス」)の基本構想に関わり、それ以降、さまざまなメディアカルチャーにまつわる出版、ソフトウェア開発、展覧会の企画制作に携わる。2000~2002年、創設時の日本科学未来館のキュレトリアルスタッフとして展覧会の企画を行い、2003年には山口情報芸術センター(YCAM)のオープニングイベントに外部スタッフとして参加。2004~2007年、IAMASのメディア文化センター講師を務め、2007年からは、YCAMの滞在制作作品の制作を行うInterLabのプロダクションマネージャーを務めた。これらの文化施設において、藤幡正樹、ラファエル・ロサノ=ヘメル、大友良英などの新作の制作マネージメントを行う。2009年、展覧会、シンポジウム、ワークショップなどの企画制作を行うゴーライトリーを設立。

Since the early 1990s Miki Fukuda has been involved in the planning and establishment cultural institutions such as the NTT-InterCommunication Center, where her responsibilities included its 20th Century cultural history archives, media culture-related publications, and content development. Between 2000 and 2002 she was on the curatorial staff at the National Museum of Emerging Science and Innovation, and in 2003 took over the management of the grand opening project at Yamaguchi Center for Arts and Media (YCAM). Ms. Fukuda was a lecturer at IAMAS, Center for Media Culture from 2004 to 2007, and worked as a production manager at YCAM InterLab from 2007 to 2009. She has acted as production manager for new creative art works including major pieces by Masaki Fujihata, Rafael Lozano-Hemmer, and Otomo Yoshihide.

http://www.go-lightly.org
transparent.gif

Artist-MikiFukuda.jpg

guest

Kiyofumi MOTOYAMA

茂登山 清文
名古屋大学大学院情報科学研究科/情報文化学部准教授
Associate Professor
Nagoya University, Graduate School of Information Science
School of Informatics and Sciences

Dr.Akihiro KUBOTA

久保田 晃弘
多摩美術大学情報芸術コース教授
Professor
Tama Art University, Faculty of Art and Design
Department of Information Design

Atsuhito SEKIGUCHI

関口 敦仁
岐阜県立情報科学芸術大学院大学長
Principal
Institute of Advanced Media Arts and Sciences

Joe TAKEBA

竹葉 丈
名古屋市美術館学芸員
curator of Nagoya City Art Museum

RELATED LINKS:

transparent.gif

大阪電気通信大学

Osaka Electro-Communication University
http://www.osakac.ac.jp/

IAMAS

情報科学芸術大学院大学|国際情報科学芸術アカデミー
Institute of Advanced Media Arts and Sciences
International Academy of Media Arts and Sciences
http://www.iamas.ac.jp/

在日オーストラリア大使館

Australian Embassy Tokyo
www.australia.or.jp/

中京大学情報理工学部

Chukyo University, School of information Science and Technology
http://www.sist.chukyo-u.ac.jp/dept/

大阪電気通信大学

Osaka Electro-Communication University
www.nawate.jp/
デジタルアート・アニメーション学科
Facluty of Media information Culture Department of Digital Art and Animation
http://www.ddaa.jp/

ゴーライトリー

golightly inc.
http://www.go-lightly.org/main/

ACMI

http://www.acmi.net.au/

headerlogo.jpg

header.jpg